一般的な施工方法の流れ

一般的な施工方法の流れ

一般的な施工方法の流れ 外壁塗装業者を選び見積もりを依頼すると、外壁の状態を確認し、相談の上で決定した塗料をベースに見積もりが提示されます。見積もりに納得できれば、実際に施工をお願いする事になります。その塗装方法の流れは一般的に以下の通りです。

まず最初に塗装業者が依頼した足場業者により、足場が組み立てられます。これは作業の安全性を確保するために、法律で義務付けられているものです。
足場が組み上がると、塗装業者はまず最初に高圧洗浄機で壁面の汚れやコケ類等を綺麗に除去します。その後に、ひび割れの補修を行います。この前段階のメンテナンスがしっかり行われる事も、仕上がりの為には重要な項目です。

この後に、ようやく外壁塗装に入る事になります。一般的には下塗り塗料でまず塗布し、その後に上塗りを行い、塗装が完了します。
塗装の施行は、単に塗料を一回塗って見栄えが綺麗になれば良いと言うものではなく、こうした手順をしっかりと踏む事が、住宅寿命を短命にしない為のメンテナンスとしての外壁塗装として必要なのです。

建物の外壁塗装と気になる価格について考える

建物の外壁塗装と気になる価格について考える マイホームや所有している建物が劣化すると、メンテナンスが必要になります。
一般的に10年経つと家のメンテナンスを行うケースが多いです。
適切なリフォームやメンテナンスを行うことで、大切な家を長く維持することができます。
使用する塗料の価格によって、外壁塗装全体の費用も変化します。
外壁の状態が悪いと、工事の項目が増えるため費用も膨らみます。
外壁塗装に使う塗料にはアクリルやシリコン、フッ素など様々な種類があります。
通常は耐久性が上がるにつれ価格が高くなります。
日本でよく使われているのがシリコンで、複数のグレードがあります。
最もグレードの低い製品と最もグレードが高い製品では、費用が全く違います。
安いシリコン塗料は安いものの、耐用年数は10年ほどです。
最もグレードが高いシリコン塗料は、耐用年数が15年になります。
トータルで見ると、高い製品の方がお得です。
外壁塗装を考えている場合は、高いグレードの製品を選択した方が長持ちします。