外壁塗装に関する事を詳しくご紹介!

外壁塗装の施工例

外壁塗装の施工例 外壁塗装の施工例を見ておくことは、実際に依頼するにあたって役に立つものです。それまでと同じ色の塗料を選び、家の外壁の雰囲気を変えず、キレイにすることができる一方、色をがらりと変えることも。
そのような場合にもイメージをつかむためにも利用できます。また、外壁塗装をおこなう業者を選ぶ際にも、過去の事例は見ておきたいものです。
施工箇所や使用した塗料、かかった費用などが参考になるでしょう。一口に外壁塗装といっても多くの種類・方法があります。
モルタルの下地の場合でも、安く済ませることのできるウレタン塗料、汚れにくく長持ちするシリコン塗料、最も耐用年数の長いフッ素樹脂塗料などがあります。
長持ちするものほど、価格も高くなりますが長い目で見ると、必ずしも高いとは言えないものです。
塗料の塗る回数にも左右され、表面だけでなく下塗りに使われる塗料によっても価格は変わります。施工例を参考に、最も適した方法を相談するのが良いでしょう。

外壁塗装を依頼するタイミング

外壁塗装を依頼するタイミング 外壁塗装を依頼するタイミングですが、ひとつは建物を建てた時が挙げられます。外壁塗装は、外壁のみならず建物全体を外的刺激から守る役割を持っています。
そのため建物を建てた段階で行っておかないと、建物が外的刺激に無防備にさらされ続けてしまうので、必ず行うことが求められます。
それから行った外壁塗装に劣化が見られた場合も、タイミングのひとつです。たとえば色落ちが見られたり、剥がれてきたり、チョーキングと呼ばれる、白い粉を吹くような現象が見られた場合は、塗り直しが求められます。
これらを放置しておくと、建物の安全性に対して影響が出てくる可能性もあるので、定期的にメンテナンスとして行うことが必要です。
それからこのような現象が見られなくても、外壁塗装で使用される塗料には、その種類ごとに定められた耐用年数があります。
よってその耐用年数をこえている場合も、依頼するタイミングです。短い場合で約5年程度、長い場合で約15年程度と耐用年数には差があるので、それを把握するためにも、どのような種類の塗料が利用されているのかは知っておくのが望ましいです。