外壁塗装に関する事を詳しくご紹介!

外壁塗装の目的と防水について

外壁塗装の目的と防水について リフォームというと、家の中を綺麗にするというイメージがありますが、家の外側を綺麗にすることも重要です。
家の外壁は外気に晒されているために劣化しやすい場所で、そのまま放置しておくとひび割れを起こしてしまいます。十年に一度は外壁塗装をしておきましょう。
外壁塗装をする理由は、見た目を綺麗にするだけではなく、水の侵入を抑える役割があります。ひび割れから水が入ってくると、家の中の湿度が上がってしまったり建材が劣化してしまいますが、壁を塗り直すことで防水できて水の侵入を防げます。
外壁塗装をするには、専門の業者に頼む方法と自分で塗る方法があります。
自分で塗ると低価格でできるのですが、きちんと家全体を塗らなければならず、色むらを起こすケースもあります。自信が無いという人は、専門の業者に頼むと失敗することもなく綺麗に仕上がります。
外壁塗装をするときには、なるべく天候が安定している季節を選ぶと短い期間で終了します。

外壁塗装で風や水にも耐えられる家にする!

外壁塗装で風や水にも耐えられる家にする! 家の外壁塗装を行うと、その色の鮮やかさなどから見栄えが断然よくなります。新築の家が建てられたのかと見間違えることもあるくらい見違えます。
外壁塗装は外観を良くするためだけに行うのでしょうか?もちろん違います。
外壁の塗装を行うことは雨や風の侵入を防ぎ、建造物内部の部材を劣化や腐食を防止し、家の寿命を延ばすことが大きな目的です。
雨や風以外にも外敵があって、太陽光の紫外線もそれに相当します。長時間紫外線に当たっていると、塗装面が劣化し徐々に防水機能を果たさなくなってきます。
そうすると、建造物の内部に水分が侵入し、建材である、柱や、土台さえも腐食していきます。
こうなってくると再塗装だけではどうにもなりませんので、建造物自体の修繕工事が必要となります。
こうなる前に定期的に外壁塗装を行い、家の寿命を延ばす手立てが必要です。
かつて家の寿命は約30年といわれました。しかし近年では、塗料の研究・開発が進み、防水性能が上がりました。よって生涯安心して暮らせる5、60年の寿命を持たせることも可能と言われています。
しっかりとした目的を持った定期的な外壁塗装は、家の寿命を延ばし、結果的にコストパフォーマンスを向上させます。